PRODUCTS & SERVICE

事業内容

TOP | 事業内容 | 分散制御システム (Win-K)

分散制御システム (Win-K)

現場の視点で開発された、分散制御システム [Win-K]

分散制御システム「Win-K」はパソコン主導型のDCSです。WindowsのGUIを活かした優れた操作性と、PLCによる安全性と信頼性の高い監視・制御で高い拡張性を実現したほか、すべて自社開発のためOEM供給が可能で、特殊機能もオーダーメイドにて制作することが可能です。

Win-Kの特徴

  • PC、PLCに機能分担させた分散型制御システム。
  • PCには自社製SCADAソフト、PLCには 汎用PLCに加え、計装用PLCをオプションで付加することも可能で、自社製作で高信頼かつ柔軟な機能拡張が可能
  • PC、PLC同一データベースによるソフトレス対応。タグ追加/変更時はプログラム変更不要
  • データ変更は汎用ソフトのMicrosoft Excel/Visioを使用。誰でも容易に変更が可能
  • タグのDrag&Dropによる画面展開。自由でスピーディーな操作を実現
  • 最大60,000点の大規模監視システムの構築が可能
  • 各種メンテナンス機能の充実。1点単位の監視入切、実出力をカットした試運転が可能
  • オンラインインストール機能の実装。最小限のシステム停止で現場作業が可能

主な実績

  • 半導体・液晶ガスモニタリングシステム
  • 半導体・液晶ガス供給システム
  • 計測データ監視・解析システム
  • 環境監視・解析モニタシステム
  • 調液バッチ制御・監視システム

など、2014年4月現在で300システム以上の実績があります。

HMI仕様
全体監視画面(1)
全体監視画面(2)
装置監視画面
エリア監視画面
システム状態確認画面
入退出監視画面
監視対象一覧画面
入退出監視画面